2020.10.15(木)

明後日開催です!

大黒ごはん鍋

今週土曜に開催予定の「土鍋と漆器の新米会」ですが、お米を炊くのに使う土鍋が三重県四日市市から届きました。四日市市は土鍋の一大産地で、ここで164年もの長きに渡り土鍋を作り続けているのが「華月(かげつ)」さんです。
この会社が開発した、お米を炊く専用の土鍋「大黒ごはん鍋」は、火加減不要で吹きこぼれる心配もないので、誰でも簡単にそしてご家庭で土鍋ごはんを楽しむことができます。炊き上がりまでの時間は、下準備を除けばなんと20分!炊飯器で炊くのとほとんど変わらない時間で炊けるので、忙しい朝にも土鍋ごはんが炊けるという優れもの。
残ったお米は、そのまま土鍋の中に入れたままでも大丈夫です。おひつとしても使えるので、土鍋ごと冷蔵庫に入れ、そしてまた食べる時に取り出して土鍋ごと電子レンジで温めることだってできます。
さらにお手入れにもこだわられています。表面がざらついていることで、お米がこびりつきにくいので、使った後のお掃除が簡単です。おこげができることもありますが、それでも張り付いて取れなくなることはありません。
炊飯器と比べ、敢えて欠点を挙げるとすればタイマー機能がないこと。事前に設定しておいて自動で炊けるということはありませんが、20分あれば炊けるので、タイマーがないことに慣れてしまえばほとんど気になることはないかと思います。
本当に20分でおいしいお米になるのか、気になる方も多いと思いますので、イベントでは実際に一緒に土鍋を使って、新米を目の前で炊かせていただきます。蓋を開けるワクワクする瞬間を一緒に味わいましょう!
一日限りのイベントになりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

企画展

<土鍋と漆器の新米会>
開催日:2020年10月17日(土)
開催時間:11時~、13時~
定員:各回3組まで(最大6名)
参加費:無料
ご予約はこちら:https://noshigoto.com/donabeshinmaikai

<伝所鳩 墨田店>
〒131-0032 東京都墨田区東向島1-23−13-2F
東武曳舟駅から徒歩10分/京成曳舟駅から徒歩15分
営業時間:11:00~17:00
定休日:火曜・水曜

その他の記事

PAGETOP