トップ / 日本製のステテコ

2021.07.31(土)

日本製のステテコ

ステテコドットコム

おはようございます。伝所鳩は本日も11時よりオープンいたします。ジリジリと暑くなってきているので、くれぐれも熱中症などお気をつけていらしていただけたらと思います。また、コロナウイルスの感染が再び広がりつつあるため、無理のない範囲でお越しいただきたいのと、マスク着用及びアルコール消毒の徹底、短時間でのお買い物にご協力をお願いいたします。

今週より「ステテコ展」もスタートしています。一枚で過ごすのもいいですし、ズボンの下に履くのもおすすめで、いろいろな楽しみ方があるのもステテコの魅力かなと思います。

ステテコドットコムのステテコに使われている「高島ちぢみ」と呼ばれる生地は、独特な凹凸によって肌に密着せずいつでもサラッとした肌ざわりをしているのですが、糸から生地を織りあげる作業を、滋賀県高島市に点在する工場にて熟練の職人によって行われ、その後ちぢみの肝でもある凹凸も同じく滋賀県高島市内の晒(さらし)工場にて加工が行われています。さらに、カラフルな模様や色は、京都の山城にある工場で色柄が付けられ、そして出来上がった生地を大分県国東半島にあるステテコドットコムの自社工場に運び、裁断と縫製を行っています。

このようにステテコは、いくつもの工程をいくつかの工場を経て作られているのですが、日本ならではの丁寧なものづくりによって生み出されているので、履き心地や機能性は高島ちぢみを使ったステテコならでは。ぜひ、天然素材と日本の技術で作りだすステテコの良さを体感してみてください。

その他の記事

PAGETOP