トップ / 履けば履くほど馴染む久留米絣のもんぺ

2022.04.20(水)

履けば履くほど馴染む久留米絣のもんぺ

4月20日(水)定休日です。

いよいよ明日よりスタートするうなぎの寝床の「もんぺ祭り」。今年もたくさんのもんぺが福岡県八女市より届いております。

昨日は、うなぎの寝床が開発した「現代風もんぺ」についてご紹介させていただきましたが、今回はこのもんぺに使われている「久留米絣(くるめかすり)」と呼ばれる生地のことについて、少し触れてみたいなと思います。

久留米絣は、福岡県の南部にある筑後地方で200年以上にわたって織られてきた綿織物です。昔ながらの織り機を使用することで、限りなく手織りに近い風合いに仕上がります。

この生地の特徴は、柔らかくそして丈夫。新品の状態だと少しパリッとしていますが、履き込むほどにさらにくたっと柔らかくなり、そして履く人の体形にもフィットするよう変化していくので、履けば履くほど馴染み、より気持ち良くなっていくのが普通のパンツとの違いです。そして、もんぺもデニムと同じように作業着の一種なので、長年履き込める耐久性を持っており、色落ちなどの経年変化が楽しめるのも魅力の一つです。

もんぺと出会って6年が経ちますが、未だ久留米絣で作られたもんぺに関して、破れやほつれが出てきていないほど。もし破れなどが発生しても有料にはなりますが、修繕をしていただくこともできるので、さらに長く履いていただけるのも、このもんぺのすごいところです。

ぜひ自分好みの一本を時間をかけて育ててみてください。

うなぎの寝床 もんぺ 経年変化うなぎの寝床 もんぺ 経年変化うなぎの寝床 ずらしストライプうなぎの寝床 ずらしストライプ

その他の記事

PAGETOP