トップ / 大家さんやります

2021.05.24(月)

大家さんやります

俥家アパート

おはようございます。昨日は気持ちの良い天気でしたが、暑かったですね。熱中症などくれぐれもお気を付けを。伝所鳩は、本日13時よりオープン予定です。

さて本日は、お店の話ではないですが、お店にも関わってくる大切なお知らせがあります。お時間あれば最後までお読みいただけると嬉しいです。

伝所鳩は生前、祖父が住んでいた建物で、長らく空き家になっていました。約3年前に一人で改修工事に着手し、ようやくお店として稼働し始めたのは、つい最近のことです。祖父は、定年後にさまざまな事業を始めるパワフルな人で、お店のすぐ近くにあるアパートも祖父が経営していたものでした。そんな祖父ももういなくなり、次に引き継いだ父もいなくなり、今は母が経営を引継ぎ、不動産屋さんの力を借り、どうにか管理をしてきました。

しかし、年々老朽化が激しくなり、新しくできるアパートと比べるとどうしても見劣りをしてしまうことから、空き室が目立つようになってしまったり、ハード面の修繕に多額の費用がかかるようになってしまいました。そんな状況をお店の改修をしている間、ずっと傍で見ていて、この先さらに厳しい状況になっていくのは、素人が見ても分かる状況でした。

しかしその一方で、自分たちがここでお店を始めてみて感じたのは、思ったよりも暮らしやすく便利な町だということ。そして、意外にも若い方が多く住んでいたり、移住してくる方も増えていること。さらには、独立して自分で事業を始めた方が場所を探しているといった声を聞くこともあり、物件に空き室ができるのは単に老朽化だけが問題ではなく、アプローチの仕方の問題で、当時のままのアパートの考え方から時代に合わせた変化をさせていく必要があると感じるようになりました。

そんな考え方をすれば、むしろこの場所は可能性しかないようにも思いますし、ぼくらとしても地域が楽しくなるようにいろんな方がこの場所に集まってきて欲しいという想いもあります。

そこで、ぼくらがこのアパートの未来を作っていくために「大家」としての業務を一部引き継ぐことに決めました。実は、この構想自体は約半年ほど前からあり、現状の問題点の洗いだしなどの調査、そして再生プランを練ってきて、家族はもちろん不動産屋さん、建築会社さんなど多くの方と協力し、まずは第一弾プロジェクトがスタートします。

新しいカタチで新しい入居者さんを募集できるのは、もう少し先になりますが、進捗状況なども含めて少しずつ変わっていく様子をここのアカウントでも紹介していくので、興味ある方はこちらのプロジェクトにも注目していただけたらと思います。

入居する方と一緒に作っていきたいなと考えている部分もあるので、現時点で一人で暮らせる家や個人事業主などSOHO向けオフィスを検討している方がいれば、今からでもぜひお声がけください。

その他の記事

PAGETOP