2021.07.13(火)

ちょうどいい町、日高町

俥家アパート

おはようございます。伝所鳩は7月29日まで夏休み中です。せっかく来ていただいたのに閉まっていたなんてことがどうかありませんように。

昨日ご紹介させていただいた「俥家アパート」のウェブサイト、ご覧いただきありがとうございます。たくさんの方からアクセスがあり、とてもありがたいです。

今回このサイトを作るにあたってアパートの紹介だけでなく、日高町という町がどんなところなのかを知ってもらいたいということを第一に考えました。

それはなぜか。

以前もお伝えしたように日高町という町は、明確な目的を持って住んでいる方が少ない町だと思います。ぼくもその一人で、実家がここだったから住んでいるだけ。特別な愛着があるわけでも、思い入れのある場所やお店があるわけでもありませんでした。理由がなければきっと戻っては来なかったと思います。

だから、3年前にUターンして住み始めた最初の頃、ここで暮らすことが嫌でたまりませんでした。でも、意外といいかも?と思い始めたのは、1年を過ぎた頃でした。

日高町は、都会のように選択肢がたくさんあるわけではありません。病院もカフェも飲み屋も本屋さんもスーパーも限られています。付き合う人も決まってきて新しい出会いもなかなか生まれません。とても選択肢が少ない町だと思います。若い人たちが土日になると都会に出かけて行ってしまうのも分からないでもないです。

でも、この町での暮らしに慣れると、都会の選択肢の多さにクラクラしてしまって、ある意味で選択肢が絞られているのはありがたいことだなと思うようになりました。しかも、限られた中にも意外と自分たちと感性の近い方が住んでいたり、安心して利用できるお店、都会にも負けないクオリティのお店があったりして、選択肢が少ないことは必ずしもマイナスではないということに気が付きました。

ありがたいことにぼくらはこうやって自分たちの想いや考えを積極的に発信していることで、同じような考えの方が周りに集まってきてくれているようにも思います。こんな方がこの町に住んでいたんだと新たな出会いも決して少ないわけでもなかったのはとても驚いたことで、今は自分たちの周りにおもしろい方が少しずつ集まってきてくれてますし、遠方からわざわざ伝所鳩まで足を運んでくれる方も増えてきました。

でも、そんな魅力に気づくまでにぼくは1年がかかってしまいました。だから、そのことをこれから住むかもしれない方に、伝えたくて一枚のマップに日高町の特長を詰め込みました。また、ぼくらの独断と偏見でおすすめのお店や施設も掲載しました。まだまだぼくらが知らない魅力はたくさんあると思いますが、これを見て日高町で暮らすイメージを膨らませてもらえたらなと思います。

だって、不動産屋さんのサイトって、病院やスーパー、コンビニまでが近いですよってことくらいしか載ってなくて、確かにそれって生活するうえで重要な要素だとは思いますが、それよりももっとおもしろいものや住むきっかけになりえるものがたくさんあると思うんですよね。お世話になっている不動産屋さんに怒られてしまうかもしれませんが笑

なので、ちょうど伝所鳩が休業に入っているこのタイミングで、掲載させていただいたぼくらが大好きなお店や施設をちょこちょこ紹介させてもらおうかなとも思ってます。

長くなりましたが、日高は今は都会と比べるとまだ何もない町です。でも、それはそれで心地がいいし、近年大きく町が変わってきていて、こんな何もない町じゃ何もできないと思っていた3年前とは違い、今は逆に何もないからこそなんでもできそうな気がしています。まあ、できるかできないかは、その人のやる気と覚悟次第だとは思いますが。

よかったら俥家アパートのウェブサイト、まだの方は一度ご覧になってみてください。

俥家アパート
https://kurumaya-apart.com/

その他の記事

PAGETOP