トップ / 新米を土鍋で贅沢に食べよう

2021.09.26(日)

新米を土鍋で贅沢に食べよう

ごはん鍋/華月

おはようございます。9月26日(日)も11時より営業予定です。

今年も新米の季節となり、朝はパン派の我が家もこの時期は毎日土鍋でごはんを炊いて食べるようにしています。炊きたての新米、最高ですよね。食べ過ぎ注意ですが…。

インスタグラムのストーリーズに炊き上がりの様子をちょくちょくご紹介させていただいているのもあって、店頭で土鍋のお問い合わせが増えてきているので、伝所鳩で扱っている「ごはん用土鍋」をご紹介させていただきます。

この「ごはん土鍋」は、三重県四日市市にある華月さんという会社が開発されたもの。美味しいごはんを簡単に炊けることだけを追求し作られた、究極のごはんのための土鍋です。機能がたくさん付いている炊飯器に比べ、土鍋はとてもシンプルな造りにも見えますが、実は隠れた機能がてんこ盛りで、炊飯器にも負けないくらいです。我が家はおかげで炊飯器が必要なくなり、今は土鍋のみの生活になりました。

個人的におすすめするポイントを以下にまとめましたので、長くなりますが気になる方はチェックしてみてください。

<土鍋ごはんが楽しめる>
まず、なんと言っても土鍋で炊いた「あの味」をご家庭で楽しめるというのがなによりの魅力。これは炊飯器にはなかなか出せない特徴と言えるでしょう。旅館やホテルに泊まった時、お店で外食した時くらいでしかなかなか食べる機会のない土鍋ごはんを簡単に自宅で作ることができます。

<タイマー機能や早炊き機能はないけど早い>
土鍋には炊飯器のようなタイマー機能はありません。朝起きたら自動で炊きあがっていたり、仕事から帰ってきてすぐに食べれるということはありません。タイマー機能がないのは不便だと思う方も多いと思いますし、ぼくもタイマーがないなんて考えられなかったんですが、慣れてしまうと全く問題がなくなりました。それはなぜかと言うと、この土鍋は早炊き機能にも負けない素早い炊き上がりパワーを備えているからです。

ごはん土鍋は、浸水30分以上、加熱9~11分、蒸らし10分が最低でもかかります。これを見てやっぱり時間かかるなとか大変だなと思った方も多いかもしれませんが、浸水は30分を超える分には問題ないので、夜寝る前や仕事に行く前に浸水して30分を超えてもそのままでOK。

なので、起きた時や仕事から帰って来た時に、既に浸水さえ終わっていれば、火にかけてから蒸らしの時間を入れても約20分後には食べることができます。20分なんてちょっとしたおかずを作っていれば気にならないはずです。

<火加減調整がいらない>
ごはん土鍋は、中強火で9~11分間火にかけますが、その間火の調整は必要ありません。火をつけてから消すまで同じ火力で大丈夫なので、少しくらい目を離しても大丈夫です。もちろん火を使っているので完全にほったらかしは怖いですが、おかずを作ったり、食器を洗ったりなど、土鍋のそばで炊いている時間を有効に使うことができます。

<おひつにもなり、冷蔵庫もOK>
コードの付いた炊飯器は、場所を移動するのが大変ですが、ごはん土鍋は、そのまま器としても使えるので、炊き上がったら土鍋ごと食卓に持って行って、その場でお茶碗に取り分けられます。おかわりの度に席を立つ必要もないですし、もし食べきれずにごはんが残ってしまったら土鍋ごと冷蔵庫に入れても大丈夫です。

<電子レンジで使える>
ごはん土鍋は、電子レンジも問題ありません。冷蔵庫に入れていた土鍋をそのまま電子レンジでチンしてもらえば、再びホカホカごはんが蘇ります。保存用の容器も要らなければ、電子レンジでチンする食器も要らず、土鍋一つで全て完結するので洗い物が少なくて済むのも嬉しいところですね。

<丸洗いできる>
ごはん土鍋は、洗えない部分がありません。炊飯器だとどうしても機械部分やコードが防水になっていないため、洗えるのは最低限の部分になり、徐々に洗えない部分に汚れが溜まってしまうことがあります。ごはん土鍋は全て丸洗いできるので、洗う際に気を使わなくていいですし、常に清潔さを保つことができます。また、土鍋の表面は細かな凹凸があり、米粒がこびりつきずらく洗いやすいのもポイントです。

<IHでは使えません>
さて、ここまで良い点をたくさんご紹介してきて、「よし買おう」と意気込まれていた方には大変申し訳ないですが、「IHコンロ」では残念ながらお使いいただくことはできません。伝所鳩をはじめてから知ったのですが、このあたりの地域はIHコンロのご家庭が多く、この点で購入を諦めるお客さまが大変多く、ぼくらも非常に心苦しいところではありますが、この点だけはご注意ください。

ちなみに、代替案としてカセットコンロを使っていただくという方法があります。カセットコンロなら多くのご家庭に常備されていると思うので、これも一つの手かなとも思いますし、キャンプやバーベキューなどを頻繁にする方なら、土鍋を一つ持って行くのは楽しいかもしれませんね。

華月 大黒ごはん鍋
2合タイプ:黒4,500円、刷毛目4,800円
3合タイプ:6,000円
4号タイプ:9,130円

その他の記事

PAGETOP